穴吹進学ゼミナール(あなゼミ)屋島校

yashimaksz.exblog.jp

屋島校案内

ブログトップ

英語の勉強

こんにちは、アベです。

さて、今回は前回の予告通り、「英語の点数が上がった生徒の勉強法」をご紹介したいと思います。

まず、その生徒の成績をご紹介します。その生徒をAさんとしますが、英語の成績は以下のとおりです。

第1回診断 37点  第2回診断 46点  第3回香川県統一模試 48点


もともと英語が苦手なのではないにしろ、こんなに高得点が取れるようになったのには、何か秘訣があるに違いありません。期待を胸に、質問してみると・・・








「いや~。特に何もしてないっスよ」








そんな・・・orz
非常に残念な返答でした。しかしよくよく考えてみると、Aさんは塾の宿題や課題をまじめにしています。

塾での宿題は、
・テキストの宿題
・教科書本文の英訳勉強(毎週1~2ページをテストのため)
・前回宿題及び、授業中にやった問題のやり直し
・1・2年生範囲の文法プリント
・中学3年分の英単語テスト(毎週125個テストのため)
です。

・・・うん!勉強していますね!!


問題はそれをいかにまじめにするかです。

教科書本文の英訳や単語で基本的な知識を入れつつ、テキストで実践的な問題に挑戦し、やり直し、テストに備える。

別の生徒Bくんは同じ単語を練習するのに、こんなに↓ノートに練習します。
f0188721_03612.jpg







(少し見にくいですが)

これは、私が指示したものです。

単語を覚えるには、(漢字を覚えるのにも応用できます)
・発音練習をしながら、書く
・覚えた単語は自分でテストしてみる

ことが大切です。


わたしの体験談ですが、中学生の当時、単語の練習は広告などのいらない紙の裏にしていました。しかし、「いらない紙」という安心感から、どんどん字がざつになり、書くのもいやになりました。

しかし、ノートにしっかりと書いていくとどうでしょう。たくさん書いたという達成感がわいてきて、練習がそれほど苦にならなくなりました。

教科別にノートを分けていない人もいますが、言語道断です!!ノート代はかかりますが、単語練習用のノートを作り、単語を覚えることが苦手な人は特に一度試して下さい。


これらのことはすごく単純なようで、根気と時間が必要です。
「英語の勉強の仕方が分からない」という人は、まず塾での宿題・課題をきっちりこなしましょう。残念なことに、魔法のように短期間で急激に出来るような方法は、聞けませんでした。

「千里の道も一歩から」

毎日の積み重ねを大切にしていきましょう!


 
[PR]
by yashima-ksz | 2008-10-08 00:19 | 日々の授業風景